石垣市立伊原間中学校「地元水産物PRワークショップ」の講師をつとめる

石垣市立伊原間中学校「地元水産物PRワークショップ」の講師をつとめる※。

これは、キャリア形成教育の一環として、石垣市の伊原間中学校1年生を対象にしたもの。
チーム別に同世代に向けて地元水産物をPRするPOPを作り、それを相互評価(自分以外のチームに投票)と講師からの加点により1点選出。
選ばれたPOPを、石垣島にあるスーパー、サンエーに1月6日まで(年末年始期間含む)貼り出す、という流れのワークショップ。

このようなワークショップに設計したのは、情報発信の職業体験は、単なるシミュレーションではなく、
実際に成果物を作り、それが世に出るという体験が大切だと考えたからだ。
また、水産物の消費量はこの15年間下がり続けていること、特に40歳以下の消費が低いことから(平成28年度『水産白書』より)、
中学生が地元水産物に目を向け、同世代に訴えかけるPOPに取り組むことで、若者の視点・感性を取り入れた水産物PRの可能性の一つとして設計した。
このワークショップは水産業、小売業、行政、学校がそれぞれの立場で関与するという産学官連携のワークショップでもある。

当日は講師による解説の後、同世代に訴えるキャッチコピーと、それを強調するPOP作りに取り組んでいただいた。
最終的に4チームごとに出されたPOPから1点を選出したものの、講評では「コンペ(競争)があったからこそ1点が選ばれた」ことに言及し、
選ばれなかったチームも含めて、全員の成果であることを強調させていただいた。

POPを作り、それをスーパーに貼り出すという成果物はあるけれど、何よりも中学生の生徒のみなさんが、
地元水産物のPRに真剣に考えて取り組んだという機会の創造こそが、このワークショップの成果だと感じた。
初めての試みということもあり、当初はハードルの高さを懸念されることもあった担任の先生も最後は、新しい体験として価値があったとおっしゃっていたただいた。

このような産学官が連携した情報発信に、これからも取り組んで行きたい。

2016 11/30
出来事メモ、講義

※:2016年10月8日 『八重山日報』・第6面 「情報発信の魅力伝える 渡邊さんが川平小で講話 地域おこし隊員」

追記:2017年4月21日 『石垣島の中学生による地元水産物をPRするPOP広告作りのワークショップ~若者の水産物消費促進に向けた「石垣島モデル」の提案~を『漁協(くみあい)』163号に寄稿

堺屋太一 『世界を創った男 チンギス・ハン』 日本経済新聞社出版局 全4巻 2007

渡邊義弘@内モンゴルの遊牧民の方のお家にお泊まりさせていただいたことがあります。

さて、堺屋太一 『世界を創った男 チンギス・ハン』 日本経済新聞社出版局 全4巻 2007。

モンゴル帝国の創始者、チンギス・ハンの生涯を描いた歴史小説。
約10年前(2007年前半)に挫折感を味わっていた頃、友人から「チンギス・ハンでさえ負けたことがあるんだから」
という励ましと共に薦めてもらったことがずっと気になっていて、今回読んでみた作品。

読んでみると、確かに一般的な印象と違って、この作品でのチンギス・ハンは、負けたり逃げたりする描写が多い。
戦いは決して上手ではないけれど、制度改革と人材登用に力を発揮した人物として描かれている。

また、ところどころに「歴史小説のロビーで」というコラムや、注釈が散りばめられていて、
チンギス・ハンに関する現在の研究成果や論点の解説が多いのも特徴。

何度も負けながらも、その度に立ち上がり、変革に挑むチンギス・ハンの姿が印象的な作品。

この本をamazonで見ちゃう

2016 11/28
歴史小説、モンゴル
まろまろヒット率3

上里隆史 『島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史』 角川学芸出版 2011

渡邊義弘@シーグラスと貝殻拾いのお手伝いをしました。

さて、上里隆史 『島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史』 角川学芸出版 2011。

沖縄の歴史エピソードを様々な切り口で紹介する一冊。

中でも・・・

○琉球王国の行政組織は船の組織をモデルにしていて、ヒキと呼ばれる組織が行政・貿易・軍事を代わる代わる行なっていた
(地上に浮かぶ海の船)

○元朝17代天元帝の次男・地保奴という人物が琉球王国に追放された記録がある
(沖縄に追放されたモンゴル皇帝の末裔)

・・・などのエピソードは、沖縄の歴史的背景や地理的立地の特徴を考えさせられるものとして興味を持った。

この本をamazonで見ちゃう

2016 11/25
歴史、琉球、沖縄
まろまろヒット率3

与儀俊介 『イラストで覚える琉球王国時代の人物』 アトリエスタンド 2015

渡邊義弘@石垣島は11月に入って初めてクーラー無しで眠れるようになりました。

さて、与儀俊介 『イラストで覚える琉球王国時代の人物』 アトリエスタンド 2015。

琉球王国時代、約450年間に活躍した43人の歴史上、伝説上の人物をイラストで紹介する一冊。
中でも、三線の基礎を作った湛水親方、組踊の創始者の玉城朝薫、歌人として知られる恩納ナビなど、文化を担った人々に興味を持った。

この本をamazonで見ちゃう

2016 11/7
歴史、琉球、沖縄
まろまろヒット率3

安藤隆ほか 『日本のコピーベスト500』 宣伝会議 2011

渡邊義弘@同世代に地元産水産物のPRをしていただく中学生向けワークショップを開発中です。

さて、安藤隆ほか 『日本のコピーベスト500』 宣伝会議 2011。

複数のコピーライターが選んだ戦後日本のキャッチコピー選集。
キャッチコピーだけでなく、コピーライターによる解説も興味深く、
「おいしい生活。」(西武百貨店)のキャッチコピーについて、著者の一人である安藤隆が・・・

○いつもの言葉の垢を落として、生まれ変わらせる。これこそが言葉の使い手の仕事です

・・・と解説しているのは、コピーライターとしての誇りを感じた。
また、500あるキャッチコピーの中では・・・

「母が恋した頃の夏に、娘が近づいていく。」(味の素ゼネラルフーズ・ブレンディ)

・・・が切なくて印象に残った。
(娘はいないけれど、てへぺろ(・ω<)☆)

ちなみに、「キャッチコピーは時代を現わす」と何度も解説で強調されているけれど、
この本にはキャッチコピーの発表年が書かれていないのは残念に思った。

この本をamazonで見ちゃう

2016 11/1
広告、キャッチコピー

大石直樹 『なぜなぜ八重山の民話 (空・動物・草木・海の物語)』 沖縄自分史センター 2012

渡邊義弘@石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」で講師をさせていただきました。

さて、大石直樹 『なぜなぜ八重山の民話』 沖縄自分史センター 2012。

八重山諸島の民話を集めた一冊。
大型本で挿絵もあるので読みやすい。

中でも、北斗七星の2番目の星は、人間の妻になった天女が帰って行ったものだとする天女伝説は印象に残った。
(「北斗七星は八つ星」)
巻末の解説によれば、星が人間の妻に話は中国南部や南米にも伝承があるとのこと。
キレイに北斗七星が見える南の島ならではの伝説だと感じた。

この本をamazonで見ちゃう

2016 10/29
民話、寓話、八重山諸島、石垣島
まろまろヒット率3

崎山直 『八重山の歴史と文化』 崎山直 2000

渡邊義弘@石垣市地域おこし協力隊として働き始めました。

さて、崎山直 『八重山の歴史と文化』 崎山直 2000。

石垣島の郷土史家による自費出版。
1970年代の講演録を中心にまとめられているので、当時の世相と八重山諸島の関係が読み取れる内容になっている。

中でも、かつて「エーマ」や「ヤイマ」とも呼ばれていた、「ヤエヤマ」の漢字を「八重山」としたのは、
自然の地形を考えて、「字義的な解釈はさておくとしても妥当な漢字」と述べているところは印象に残った。
(「沖縄の島々のなかで」)

2016 10/27
歴史、八重山諸島、石垣島
まろまろヒット率2

石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」の講師をつとめる

石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」の講師をつとめる※。

これは、職業観を身につけることを目的にしたキャリア形成教育の一環で、石垣市の西部地区にある4つの小学校(川平、崎枝、富野、吉原)の5~6年生を対象に実施したもの。
事務局からの依頼では「小学生の夢を応援する話を」とのことだったけれど、自分の小学生の頃には夢が無かったので少し困った。

ただ、当日はそのことも正直にお伝えして、小学校の頃には夢は無かったけれど、読書が嫌いではなく、読書メモを残し、それを公開することで情報発信の魅力に気づき、研究したこと。
さらに、その研究を世の中で活かすために、公共分野での情報政策の仕事に就いたこと。
その仕事をしながら石垣島の存在を知り、石垣島で働きたいという希望が生まれて、こうして石垣島で働き始めている。今が夢の途中だということをお話しした。

最後の感想発表では、「私も夢が見つからなくて焦っていたこともあったので話を聞いて安心した」、「夢をいろんな方法でかなえていきたい」などの感想をいただき、講師としてもうるっときてしまった。
大停電の中ではあったけれど、しっかりと聞いてくれた小学生のみなさんに感謝。

また、これは石垣島で取り組みたいと考えていた産学官連携の一歩でもある。
講師としても様々な思いが去来した講話。

報道歴:2016年10月8日 『八重山日報』・第6面 「情報発信の魅力伝える 渡邊さんが川平小で講話 地域おこし隊員」

2016 10/6
出来事メモ、講義

※:2016年10月8日 『八重山日報』・第6面 「情報発信の魅力伝える 渡邊さんが川平小で講話 地域おこし隊員」

東京大学大学院 情報学環 客員研究員に就任する

東京大学大学院 情報学環 客員研究員に就任する。

修士課程では、情報表現が文脈依存性が高いことに注目してオンラインとオフラインとの間のコミュニケーション回路を創る表現研究を。
博士課程では、その表現研究を社会貢献に応用して文京区(東京都)と松阪市(三重県)の「情報のかけ橋」を構築する実践研究をして来た。
特任研究員では、常滑市(愛知県)の事例を加えての探求を目指した。
今回の客員研究員では、石垣市(沖縄県)での取り組みをさらに発展させていきたい。

また、こうした研究は、自分自身のテーマである個人による表現活動と社会への貢献との間にかけ橋を架ける取り組みでもある。
経験知と形式知との間にもかけ橋を架けていきたい。

2016 10/1
出来事メモ、まろまろ研究、進路関係

石垣市地域おこし協力隊に任用される

中山義隆・石垣市長からの辞令交付を受けて、石垣市地域おこし協力隊に任用される※1,※2,※3。

石垣島に本所がある八重山漁業協同組合(漁協)に派遣され、水産物の魅力発信や商品開発の支援に取り組む。
第1次産業への支援は、これまで東日本大震災の被災地だった石巻市雄勝町でのボランティア経験や、
前職の常滑市情報政策担当員の講師派遣で取り組んだJA知多あいち女性部への情報研修とコミュニティ作り支援の経験などがあるものの、
本格的な取り組みとしてはまったく新しい挑戦に近い。

振り返ってみると、今回の応募に当たっては様々な思いがあった。
地域の仕事を続けることの適正や、公共分野での関わりの意義も含めて考え直す機会があった。
迷いがある中で、石垣島でのご縁や、恩師からの励まし、まわりの知人・友人からのサポートがあり、今回の決断となった。
これまでテーマにしてきた「情報のかけ橋」の知見と手法を石垣島の地域おこしに貢献し、さらに発展させて産学官連携にもつなげていきたい。

飛び込み、傷つくこともあった。
もしかしたら、また傷つくかもしれない。
でも、冒険には危険が付きもの。
生きるというのは冒険だから。

2016 9/5
出来事メモ、進路関係

※1:2016年9月6日 『八重山毎日新聞』・第8面 「地域おこし活動に期待 石垣市 協力隊に2氏を初任用 魅力発信と商品開発など担う」

※2:2016年9月6日 『八重山日報』・第7面 「石垣島の魅力発信へ 渡邊義弘さん(大阪)、吉田礼さん(東京)を任命 市の『地域おこし協力隊』に」

※3:2016年9月10日 『沖縄タイムス』朝刊・第25面 「石垣市活性へ新風 協力隊に渡邊さんと吉田さん 特産品開発など担う」