精神論は継続性を駆逐する

精神論は継続性を駆逐する。

現実的な課題と状況の変化に取り組むことが継続性には不可欠だが、そのために必要となる科学性(論理性と実証性)を精神論は排除する傾向がある。
そして、継続性を欠いた精神論(その時の気持ちの盛り上がり)は、時間と経過と共に現実に敗北していく。
精神論の最大の欠点は、継続性の欠如だ。

参考文献:『失敗の本質』

<10ヶ月で13kg(79kg→66kg)の減量に成功して>

2014 4/15
はしり書き

成長とは安定と柔軟の調和

安定に偏りすぎることによる柔軟性の欠如は、成長の余地を奪い、結果的に縮小再生産に陥る。
柔軟に偏りすぎることによる安定性の欠如は、一貫性を奪い、結果的に継続性が犠牲となる。

安定と柔軟の調和こそが成長だ。

<考察:「地方アイドルから読み解く安定と柔軟の調和」より>

2014 3/16
はしり書き

「10年前に戻れたらこうしたい」という人は10年後も同じことを言っているだろうし、「生まれ変わったらこうなりたい」という人は生まれ変わっても同じことを言うだろう。現在を受け止め、未来に向けて行動を始めている人だけが、過去の仮定を語る資格がある

「10年前に戻れたらこうしたい」という人は10年後も同じことを言っているだろうし、「生まれ変わったらこうなりたい」という人は生まれ変わっても同じことを言うだろう。
現在を受け止め、未来に向けて行動を始めている人だけが、過去の仮定を語る資格がある。

常滑市情報政策担当員就任の日に>

2013 4/1
はしり書き

傍観者を当事者に変えていく可能性が、表現の社会的意義

傍観者を当事者に変えていく可能性が、表現の社会的意義だ。
傍観者の無責任さと醜さを批判するだけでは何も変わらない。
「気づき」を与えて当事者に変えていく力こそが、表現(情報発信)の持つ可能性だ。

松阪市情報政策担当官退任の日に>

2013 3/31
はしり書き

中田易直 『三井高利』 吉川弘文館 1988

渡邊義弘@講師とファシリテイターを担当している宇気郷ソーシャルメディア講座から、Facebookページの「いいね!宇気郷」が誕生しました☆

さて、『三井高利』中田易直著(吉川弘文館)1988。

江戸時代に松阪(当時は”松坂”)に生まれ育ち、呉服店(越後屋)と両替店で成功して三井財閥の基礎を作った三井高利の伝記。
三井高利は、松阪商人(伊勢商人)を代表する人物ではあるけれど、史料に基づいた伝記は少ない。
この本は、歴史学のアプローチから三井高利の実像に迫ろうとする貴重な一冊。

内容は、三井高利の経営手法と共に、三井高利が生きた江戸時代初期の経済状況について詳細に記述されているのが特徴。
特に、呉服業と並んで事業の中心となる両替業について詳しく書かれているので、当時の金融システムが理解できるものになっている。

また、三井高利個人の経歴としても、江戸に自分の店を出したのが50代になってからという遅咲きの点。
幕府や大名などの公権力との不即不離(付かず離れず)の姿勢が印象深い。
時代背景と個人とのバランスが良い伝記。

この本をamazonで見ちゃう

2012 12/9
伝記、経済、経営
まろまろヒット率3

心に響くかどうかの必須条件は、本気さの裏付けが感じられるかどうか

心に響くかどうかの必須条件は、本気さの裏付けが感じられるかどうかだ。
手軽な手段を使うならなおさら、「よくここまで」と思わせる迫力が最低でも必要になる。
その裏に本気さが感じられない人や言葉、物が誰かの心を響かせることはない。

<ソーシャルメディア関連の講師や情報発信の相談を受ける中で>

2012 11/16
はしり書き