カンボジア道中記~世界遺産、パワースポットと人との出会いの旅~

2013年の初日の出と初詣をアンコールワットにお参りするため、生まれて初めてカンボジア王国に訪れる。
人生で初めての海外での年越、元旦の世界遺産を二つ(アンコール遺跡とプレアヴィヒア寺院を巡り、世界有数のパワースポットに触れる。
特に、初日の出と初詣をアンコールワットに参拝したことと、元旦にプレアヴィヒア寺院の頂上で天空と大地との一体感を感じられた経験は、大きな力を得た気持ちになった。

パワースポットや観光地に加えて、地元の方々と交流させていただく機会を得られたことも大きな経験となった。
特に、カンボジアの村に訪問して村の宴会に参加して地元の方々と語り合い、村の子供たちと遊んで交流する機会をいただいたことは貴重な機会となった。
また、日本語学校で教壇に立って講義する機会にも恵まれた。
講義の内容は、日本地図を使ってヒントを出しながら松阪市の場所を探すワークショップから初めて、
「松阪」は「まつ”さ”か」(not まつ”ざ”か)と発音することや、松阪牛の定義を説明しながら、
日本製品が信頼性が高いのは、ブランドを守る品質管理にあることを解説。
最後は、カンボジアと松阪・日本とのかけ橋になっていきましょうと約束し合えた貴重な機会となった。

カンボジアで出会った多くの方々と接する中で、ご縁の不思議さとありがたさを思い起こさせられた。
偶然は最高の仲介者ハプニングと仲良くする、と常日頃より思っていたけれど、今回の渡航ほどそのことを痛感した旅は無かった。
海外体験記を振り返ると海外渡航は10年ぶり。そのブランクを一気に埋める充実感のある道中となった。
道中でご縁をいただいて出会い、お世話になった方々に感謝したい。
詳細な写真集はFacebookの「カンボジア道中記」で公開。

以下は主な行程とまろまろ記コンテンツのまとめ・・・

○12月31日:関空→ホーチミン乗換え→17時半にシェムリアップ着→友人現地合流してアプサラ鑑賞→パブストリートでカウントダウン

○1月1日:カウントダウン終了後ホテルで現地ツアー予約と仮眠→5時にホテルを出発して世界遺産・アンコール遺跡群の一つ、アンコールワットで初日の出&初詣→7時に現地ツアーに参加→2013年初朝ごはんをクイティウ→4時間半かけて世界遺産・プレアヴィヒアへ→聖なる泉でランチ→頂上で天地と一体となるジャンプ→シェムリアップへ戻る途中で綺麗な星空を観る→ツアー解散後、パブストリートで友人と合流して2013年初晩ごはん→ナイトマーケットで買い物
 ・『アンコールワット』(名所旧跡)
 ・LY LY Restaurantの「クイティウ」
 ・世界遺産・プレアヴィヒア寺院で食べた「バケットサンド」
 ・『プレアヴィヒア寺院』(名所旧跡)
 ・Khmer Kitchen Restaurantの「豆のオムレツ」

○1月2日:前日知り合った知人と一緒に現地ツアーでベンメリア→ガイドさんの実家の村に訪問、親戚のみなさんと御座を敷いて宴会、子供たちと遊ぶ、とても綺麗な星空で流れる星々に願いをかける
 ・『ベンメリア』(名所旧跡)
 ・RUN DUOL ANGKOR IIの「焼きそば」
 ・The Blue Pumpkinの「4 spices icecream」
 ・コックターノット村の宴会でいただいた「お米のお酒とおつまみ」

○1月3日:現地ツアーでタ・プローム→アンコールトム→気球→アンコールワット
 ・Angkor Home Hotelの「朝食バイキング」
 ・『タプローム』(名所旧跡)
 ・『アンコールトム』(名所旧跡)

○1月4日:日本語学校での講義→オールドマーケットでお土産購入→日本資本のマッサージ店で3時間の施術→ラッフルズのアフタヌーンティ→戦争博物館→トレンサップ湖の夕暮れ→シェムリアップ空港→ハノイ空港
 ・Raffles Grand Hotel d’Angkorの「Khmer Afternoontea」

(○1月5日:ハノイ空港→関空)

2012 12/31~2013 1/4
出来事メモ、海外体験記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です