『アンコールトム』(名所旧跡)

カンボジアにある世界遺産・アンコール遺跡の象徴的存在。

同じく象徴的存在のアンコールワットと同じく、外側からも内側からもどの角度からも絵になる素晴らしい構造。
アンコール遺跡はどれも当時最先端だった建築学と天文学が結集された遺跡で、特に太陽光の取り入れ方が力強い。
パワースポットとしての存在感を強く感じられる遺跡。

2013 1/3
もろもろ鑑賞、名所旧跡
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です