まろまろ記12周年

2001年7月19日から始まったこのまろまろ記(旧まろまろ読書日記)が12周年を迎える。

2012年7月19日の11周年から12周年までのこの1年を振り返ってみれば、研究面では東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得退学して、東京大学大学院情報学環特任研究員に就任
社会面では松阪市情報政策担当官を退任して、常滑市情報政策担当員に就任するという大きな転機を迎えた。

これに伴って松阪市(三重県)から常滑市(愛知県)に引越したことによって、伊勢湾の両岸でご縁をいただくこととなった。
(グループ輝とこなめ焼協同組合JAあいち知多女性部などの研修)

また、生まれて初めて八重山諸島カンボジアを訪れ、地元の方々との交流をさせていただいた。
中でも八重山諸島の方々からは、石垣島で開催された国際ワークショップとシンポジウムに招へいを受けて、ファシリテイター&コメンテイターを担う貴重な機会をいただいた。

さらに、三重大学で開催された国際ワークショップで発表し、CIO補佐官研修を修了するなど、研究(形式知)と実務(経験知)との間のかけ橋をかけるご縁にも恵まれた。

こうしたことから、この1年は11周年の時と同じく16回報道されることとなった。
これはまろまろ記の開設以来、最多タイの報道頻度に当たる。
(メディア掲載歴)

このような流れの中で、まろまろ記でも、1995年4月から記録し続けている読書日記の表記を変更
また、スマートフォン(iOS、Android)に完全対応し、より素材としての使いやすさを追求した。

12年は、干支でいえば一回りに当たる。
この一回りでいただいたご縁を次の一回りにもつなげていきたい。

2013 7/19
出来事メモ、サイト運営

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です