やげん堀の「七味唐辛子」


やげん堀の七味唐辛子をいただく。

このやげん堀は寛永2年(1625年)創業の老舗唐辛子店。
初代のからし屋徳右衛門が七味唐辛子を発案したとされていて、もともとは薬として売られていたとのこと。
七味の内容は、生唐辛子、焼唐辛子、黒胡麻、粉山椒、麻の実、芥子の実、陳皮が調合されている。

黒胡麻の香ばしと芥子の風味が特徴的で、蕎麦との相性の良さで発展したことがよくわかるものになっている。
個人的には、スパゲッティ・アラビアータを作る時に隠し味で入れるのが美味しく感じられた。
今も昔も江戸風の七味唐辛子の味を守る一品。

ちなみに、このやげん堀の七味唐辛子はEggn`s Thingsをご一緒したまろみあんの方からいただいたもの。
ごはん日記になるお土産をいただけたことに感謝☆
まろまろと今日ももぐもぐ。

浅草の「やげん掘(薬研堀)」にて購入とのこと。

追記:ペペロンチーノ(まろまろレシピ)にしても美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です