川上商店の「特上まむし」


木津卸売市場の中にある鰻専門店、川上商店で特上まむしをいただく。

この川上商店は、関西風の鰻の焼き方にこだわったお店。
関西風(上方風)は、鰻を腹開きをしてから蒸さずに焼き上げるスタイル。
食べてみると、地焼きだけに鰻独特の脂と皮がしっかりと残っていて、関東風よりも香ばしい味わいになっている。
何でも浪花っ子が江戸前の蒲焼を「気の抜けたような味だ」と評した記録も残っているとか。
そのこともうなづける、鰻の力強さを感じられる一品。

ちなみに川上商店の入っている木津市場は民間の卸売市場としては国内最大規模。
それだけに、かなえ寿司大和当志郎などの名店も入っている。
この川上商店も本来は鰻の卸販売業だけど、千日前いずもやが閉店した今となっては、関西風の鰻を食べることができる数少ないお店の一つ。

そしてこの川上商店には、再合併した父方の祖母(戸籍上は叔母)に連れて行ってもらったお店でもある。
ステーキなどの料理上手でもあるおばあちゃん(おばさん)に感謝!
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・大国町、木津卸売市場の「川上商店(うなぎの川上、かわかみしょうてん)」にて。

“川上商店の「特上まむし」” への0件の返信

  1. >カロリヌさん

    フランスからいらっしゃいませ☆
    日本語が上手になってきていますね!
    鰻(ウナギ)は日本食を代表するものなので機会があれば食べてみてください。

    psいただいたご質問には少しずつ答えを書いていますのでしばしお待ちを(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です