たきちの「飛騨牛の力こぶ(チカラコブ)」


西濃地方に位置する岐阜県養老町は精肉の町として知られている。
新鮮な牛肉が手に入るので焼き肉屋さんも多く、焼肉街道(焼肉ストリート)と言われる一帯がある。

そんな養老に数ある焼肉店の中で、地元岐阜在住の人から「一番美味しいお店!」と熱く語られて連れて行ってもらったのがこのたきち。
確かに17時開店なのに17時半の訪問時にはもう満席になっていた。
さらに席に着いて帰るまでずっと待っている人の列が途切れないという人気店。

写真はそんなたきちの本日のオススメ、飛騨牛の力こぶ。
力こぶ(チカラコブ、力瘤)とは、牛の前足にあるとても希少な部位のこと。
筋肉が発達した部分でありながら、写真にあるようにしっかりと霜降りのサシが入っているのが特徴的。

食べてみると、最初は筋肉の弾力を感じ、次に脂身の甘さが口の中に広がる。
まさに牛肉の良いところ取りをした部位ですっかり気に入った。

他にもホルモンなども美味しくて、さすが東海ごはんのコンテンツ創造に協力してくれているまろみあんの人の一押しだけあると実感。感謝!
まろまろと今日ももぐもぐ。

岐阜県養老町の「和牛 焼肉 たきち(タキチ、太吉)」にて。

追記:これまでに訪れた養老焼肉街道のお店・・・

藤太

勝ちゃん

ローヤル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です