成長とは安定と柔軟の調和

安定に偏りすぎることによる柔軟性の欠如は、成長の余地を奪い、結果的に縮小再生産に陥る。
柔軟に偏りすぎることによる安定性の欠如は、一貫性を奪い、結果的に継続性が犠牲となる。

安定と柔軟の調和こそが成長だ。

<考察:「地方アイドルから読み解く安定と柔軟の調和」より>

2014 3/16
はしり書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です