精神論は継続性を駆逐する

精神論は継続性を駆逐する。

現実的な課題と状況の変化に取り組むことが継続性には不可欠だが、そのために必要となる科学性(論理性と実証性)を精神論は排除する傾向がある。
そして、継続性を欠いた精神論(その時の気持ちの盛り上がり)は、時間と経過と共に現実に敗北していく。
精神論の最大の欠点は、継続性の欠如だ。

参考文献:『失敗の本質』

<10ヶ月で13kg(79kg→66kg)の減量に成功して>

2014 4/15
はしり書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です