まろまろ記9周年

2001年7月19日に開設した「まろまろ記」(旧まろまろ読書日記)が9周年をむかえる。

この1年を振り返ると、まろまろコラム「寛容のメモリ~決別のmemoryと和解の目盛~」を発表したことが大きい。
自分の内面と向き合い、数年来取り組んでいたものを表現したことは一つの区切りともなった。

また、三重中京大学文化会での講習や、ミニシンポジウムでの松阪市への提言(夕刊三重2010.7.2、中日新聞2010.7.3)など、
サイト活動を続けてきた経験や知識を社会に貢献することができる機会も得られた。
こうした貢献をすることは、ひるがえって自分のサイトを別の視点で見つめなおすこととなり、
検索ボックスを最上位に移動(Google)、関連記事表示(Post-Plugin Library, Similar Posts)、高速化(WP Super Cashe)、
サイトマップ構築(Google XML Sitemaps)などの、ウェブ・ユーザビリティの向上も実現するきっかけともなった。

そして、前回の「まろまろ茶話会2009」に続いて、9周年特別企画として「まろまろ茶話会2010」を開催したことも大きい。
まろみあんの方々との対話する機会は、試行錯誤をしながらもサイトを続ける意味を強く考えさせられた。

次の1年もコンテンツを創造しながら、社会に貢献していきたい。
(絞ることができないのは幼稚、絞った後で広げられないのは老化、その間で試行錯誤できるのが青春)

2010 7/19
出来事メモ、サイト運営

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です