庭のホテルの「朝食ビュッフェ」


神田三崎町(水道橋)にある庭のホテルで、朝食ビュッフェをいただく。

この庭のホテルはもともとは戦前の昭和10年(1935年)に東京旅館として創業。
それが高度成長期の昭和47年(1972年)に東京グリーンホテルとしてビジネス・ユースのホテルに転換。
さらに平成21年(2009年)には、再び和風のホテルとしてリノヴェーションしたという、都市型宿泊施設の歴史的変遷を体現するホテル。
(御茶ノ水の昇龍館や八重洲の龍名館などもこの流れに沿っている)

その庭のホテルで朝食ビュッフェをいただいてみると、これがとても充実している。
特にサラダとフルーツは種類が多くて、その豊富さはこれまで泊まったことのあるホテルの中で一番。
(女性オーナーということも影響している模様)
また、基本は洋食だけど、ご飯とお味噌汁、香の物、湯豆腐などの和風メニューもしっかりと用意されているのが嬉しいところ。
満足度の高い朝食ビュッフェ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

東京都千代田区、神田三崎町の「庭のホテル 東京」内グリル&バー・流にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です