お茶の水ホテル 昇龍館の「朝食」


お茶の水ホテル 昇龍館で朝食をいただく。

こちらの朝食は、ご飯、お味噌汁、お漬物、小鉢に加えて、卵料理を注文するスタイルになっている。
卵料理は目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツの3種類から選べる中で、今回はオムレツを選択。
作り置きではないので、半熟加減がちょうど良くて、シンプルだけど満足度の得られる朝食となっている。

ちなみに、こちらのお茶の水ホテル 昇龍館は大浴場も付いていて和風モダンな構造となっているけれど、もともとは「昇龍館」という旅館として昭和初期に創業したとのこと。
それが高度成長期に「東京ファミリーホテル」というホテルとしてリニューアルをおこない、2009年からは「お茶の水ホテル 昇龍館」という和風ホテルとして再リニューアルをして現在にいたっている。
時代の流れに合わせた変遷を経たというところや、昔の屋号を復活させるところなどに興味を感じたホテルでもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

御茶ノ水の「お茶の水ホテル 昇龍館」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です