磯料理 加奈の「伊勢海老の造り」


伊勢志摩の南端に当たる和具漁港は、海女漁が盛んな漁師町として知られている。
その和具で元海女さんの加奈さんが腕を振るう、磯料理・加奈をおとずれる。

海女さんのOG(と言うのかな?)として独自のネットワークを持つ加奈さんが、和具漁港から仕入れた魚介類をいただけるのが最大の特徴。
特に和具漁港はアワビと伊勢エビの水揚げ量が日本トップクラスということもあって、見たこともないような見事なアワビと伊勢エビをいただける。

写真は、そんな伊勢海老のお造り。
頭の甲羅が裏返しで付いているのは、海老味噌を醤油に溶かしてお刺身をいただくため。
食べてみると、まずプリプリとした食感がしっかりとしていて、その後に甘味が広がる独特の味わい。
伊勢エビの本当の美味しさはどういうものかを教えてくれる、伊勢志摩を代表する一品。

この磯料理・加奈は、海の幸を良心的な価格で提供してくれるので、これまで行ったことのある海鮮料理のお店の中で文句なく一番良かったお店。
ただし、決して気安いお店ではないので、訪問の際には礼節を持ってのぞむことが大切。
今回は、特別講義を担当した大学で伊勢志摩のお店に精通していると評判の教員の方が行きつけにしているということで連れて行っていただいた。
東海ごはん史上、一番のお店を紹介していただいたことに感謝!
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県志摩市、奥志摩・和具の「磯料理 加奈(かな、カナ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です