大手饅頭伊部屋の「大手まんぢゅう」


岡山名物の大手まんぢゅうをいただく。

薄皮の酒饅頭と聞いていたけれど、食べてみるとあんこがぎゅっとつまっていてほぼあんこの味。
食べるにしたがって甘酒のような麹の風味がする上質な一品。

この大手まんぢゅう(大手まんじゅう、大手饅頭)は、まろまろ記8周年特別企画まろまろ茶話会2009に、わざわざ岡山から新幹線に乗って来ていただいたまろみあんの人からお土産にいただいたもの。

天保8年(1837年)創業の岡山の銘菓とのことだけど、実は今までまったく知らなかった。
確かに今までごはん日記には登場していない上に、地方の特色のある一品。
ありがとうございました☆
まろまろと今日ももぐもぐ。

岡山の「大手饅頭伊部屋(おおてまんじゅう・いべや)」にて購入とのこと。

“大手饅頭伊部屋の「大手まんぢゅう」” への0件の返信

  1. >銭形さん
    そうそう、匠の自信がうかがえる一品です。
    まろまろ茶話会は次回もやろうかと思っていますので、次はぜひいらしてくださいな☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です