徳多和良の「生うにの柚子こしょう漬け」


北千住にある、立ち飲みの徳多和良をおとずれる。

この徳多和良は立ち飲み店だけど、「くずし割烹」と銘打っているように、割烹と同じく手の込んだおつまみを出してくれる。
写真はそのうちの一つ、生うにの柚子こしょう漬け。
生ウニの刺身に手を加えたもので、うに特有のねっとりとした味わいの後に、柚胡椒の爽やかさが口の中に広がるという珍味。これが315円。
他のおつまみやドリンクメニューも315円のものが多くて、立ち飲み値段。

それなのに、料理の質はこれまでおとずれた立ち飲みの名店たち、かねます(勝どき)、竜馬(新橋)、酒のもりた(萩野茶屋)、わすれな草(肥後橋)、などと並ぶ上質なもの。

北千住の下町居酒屋といえば、東京三大煮込みにも数えられている大はしが有名だけど、個人的にはこちらのお店の方が好み。
まろまろと今日ももぐもぐ。

北千住の「徳多和良(とくだわら)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です