宝があるなら、輝かせなくてはいけない

もし「自分の宝」だと思えるものがあるなら、それを輝かせなくてはいけない。
宝だと思えるものが充実し、輝けば、それ自体が自分の喜びになるからだ。

そして輝く宝は、自分の道に迷った時に足元を照らす電灯となってくれる。

<大学院に合格したまろみあんの人とごはん日記(LA BETTOLA仏蘭西屋)を開拓した日に>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です