酒のもりたの「のれそれ」と「てっちゃん焼き」


のれそれ:穴子の稚魚のこと。足が早い(=鮮度が短い)ことで知られていて、これが置いているお店は鮮度のいいものがある。見た目は白魚のようだけど、つるっとした独特の食感がある珍味。


てっちゃん焼き:脂がのったホルモン。ホルモンの歯ごたえととろける脂を味わえる名物。

あいりん地区を含む釜ヶ崎は日本でも指折りのディープ・エリア。その釜ヶ崎の中心地、萩ノ茶屋にある立ち飲みのお店、酒のもりたをフフレとおとずれる。
こちらのお店はディープ・エリアにあってとても品質の高いものを出してくれるお店。その日仕入れたもの(今日はのれそれ)も、定番(てっちゃん焼き)もどちらも質が高い。
ちなみにこのお店は親友が勧めてくれたお店でもある。最近会っていないけど感謝!
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・西成、萩之茶屋(萩ノ茶屋)本通り商店街の「酒のもりた(森田)」にて。

追記:朝の11時までに入店するとモーニングサービスもいただける。
さらに、前日までに予約をすれば限定メニューとしてテールスープもいただける。
天王寺に二号店の「森田屋」も誕生。

0 Replies to “酒のもりたの「のれそれ」と「てっちゃん焼き」”

  1. ピンバック: 本日のオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です