森田屋の「スペアリブの煮込み」


大阪の天王寺にある、森田屋をおとずれる。

この森田屋は、萩之茶屋にある立ち飲み屋さん、「酒のもりた」の二号店。
「酒のもりた」はこれまでおとずれたことのある立ち飲み屋さんの中でも指折りの名店として、これまでも「のれそれ」と「てっちゃん」「モーニングサービス」「テールスープ」、などがごはん日記に登場している。

その「酒のもりた」の二号店の森田屋は、天王寺という立地条件の良さに加えて、テーブル席もあり、まるで小料理屋さんのようになっている。
写真は、そんな森田屋でいただいたおつまみの一つのスペアリブの煮込み。
ピリ辛の味付けと、食べ応えのあるスペアリブと付け合わせのジャガイモ、ニンジンとの相性が良くて、これがとても美味しい。
雰囲気は違うけれど、名店の二号店であることがしっかりと伝わってくる一品。

ちなみに、この森田屋は石垣市交流職員の西銘基恭さんとご一緒したお店でもある。
沖縄出身の西銘さんはお酒が好きなので、本州にいる間に「酒のもりた」にお連れしようと話をしていた。
今回、ひょんなことからクリスマス・イヴの夜に西銘さんが三重県松阪市から大阪に来ていただいたので、「酒のもりた」に電話で予約。
すると、今月この二号店の森田屋が開店したと教えていただいて、二人でおとずれることとなった。
名店の二号店も発見し、おいしいおつまみで語り合う。
若おっさん二人で過ごしたクリスマス・イヴだけど、楽しい聖夜☆

・・・ホントだよ(T_T)
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・天王寺の「森田屋」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です