蒲田餃子;歓迎の「ギョーザ」


蒲田餃子の老舗、歓迎で餃子をいただく。

こちらの餃子は蒲田餃子のもう一つの代表店、ニーハオと同じように羽根つき餃子。
食べてみると、皮がもちもち。今まで食べた餃子の中で一番皮が厚くて食べ応えがある。
薄皮でパリパリの大阪餃子(点天など)や、ご飯のおかずとなる宇都宮餃子(まさしなど)とは違って、この餃子単品だけで満足できる本場風。

ちなみに、こちらのお店は会計学の本『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の餃子屋のモデルになっている。
本を読めば分かるようにホスピタリティを必要としないビジネスモデルなので、歓迎(ホアンヨン)という店名にも関わらず、決して歓迎されているようには思えない接客も名物の一つ(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

蒲田の「歓迎(ホアンヨン、かんげい)」本店にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です