川原町 泉屋の「鮎ラーメン」


岐阜在住のまろみあんの人が鮎料理専門のお店・泉屋を予約してくれたというので立ち寄らせてもらう。
鵜飼いに代表されるように、鮎(あゆ、アユ)は岐阜の夏の風物詩とのこと。
こちらのお店は鮎料理の老舗として知られているので、鮎の季節になると予約が取れなくなることも多いとか。
また、お店がある川原町は長良川に沿った一帯で、お店に入る前から風情のある街並みを楽しめた。

今回は鮎づくしのコースでいただいたのだけど、一品一品がどれも丁寧なつくりを感じる。
特に川魚特有の臭みはまったく無く、涼やかな苦みと風味のある味わいの鮎の美味しさを堪能させてもらった。
また、自ら手焼きをする社長が職人肌なのにお客さんへの配慮もされていて高感度高し。

写真はコースの〆でいただいた鮎ラーメン(表記上は鮎ら~めん)。
ラーメンの上に焼きたての鮎の開きをジュッ!と置いてもらうとワクワク度アップ。
食べてみると塩味のスープに鮎の風味が溶け込んでスープがとても美味しい。
(ただし麺が好みで無かったので、ラーメンを食べ終えた後にご飯を投入した雑炊の方が好きだったりする^^;)

ちなみに今回、案内してくれた人は、以前、柿羊羹を教えてくれ人でもあるので東海ごはんの岐阜率がナニゲにアップしている(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

岐阜県岐阜市、川原町の「鮎料理専門店 川原町 泉屋(かわらまち・いずみや、泉家では無い)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です