グリル清起の「ハンバーグ」

難波(ミナミ)にある歌舞伎座の裏はおかまさんストリートやラブホテル街などがひしめくディープ・スポット。ホルモン焼きかどやなどの濃いお店も多い。
そんな歌舞伎座の裏にあって、老舗の定食風洋食屋さんとして知られる、グリル清起をおとずれる。
(関西ごはんでも取り上げた南蛮亭PIENOの間にある)

こちらの名物は巨大な鉄板焼きハンバーグ。真ん中に切れ目が入って卵が落とされている。特徴的なのは、ポン酢のような酸味のあるタレ(写真手前)につけていただくという点。添えられたマスタードをつけながらいただくと、巨大なハンバーグも最後まで美味しくいただける。
近くにあるグリルうえのと比べると決して安くはないけれど(1000円)、ほろほろハンバーグをおなかいっぱい食べることができるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば)、「グリル清起(せいき、セイキ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です