PIENO(ピエーノ)の「アンティパスト三種盛り」


関西ごはん開拓でイタリア風のバールを初体験。バール(bar)とは、軽食の食堂と居酒屋が一つにまとまったようなもの。スペインではバルと呼ばれる。予約がいっぱいだったので10時半におとずれてみるとまだまだ人がいっぱいという人気店。
バールの名物といえばアンティパスト(前菜)の数々なので、三種盛り合わせをいただく。この盛り合わせはその日のアンティパストの中から自由に選ぶことができるのが嬉しい。選択したのは右奥から左下に向かって、「ムール貝のマリネ」、「トリッパ」(ローマ風ハチノスのトマト煮込み)、「フリッタータ」(イタリア風オムレツ)。中でもトリッパはモツなのにとてもやわらかくて美味しく感じられた。またフリッタータもしっかりとした味付けでおつまみとして十分に満足できる一品。また来たいと思う当たりのお店(^_^)v
大阪・難波(なんば)、歌舞伎座裏の「Italian Bar PIENO(イタリアン・バール・ピエーノ)」にて。

追記:約4年半後にいただいた生ウニのリゾットも抜群に美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です