和田金の「松阪牛のすき焼き」


一枚目:すき焼き中→仲居さんがお肉を煮焼きをしてくれる。


二枚目&三枚目:とき卵に入れて卵でからめた松阪牛→霜降り和牛の美味しさを感じられる一枚。


三枚目:すき焼きをからめた残りの卵をご飯に入れて卵かけごはん化→肉の脂の甘さがついた卵とご飯の相性がばっちりな贅沢な卵かけご飯。

和牛の代表は松阪牛。その松阪牛(松坂牛では無い)の産地、松阪の中でも老舗として知られる和田金ですきやきをいただく。こちらは自家牧場で飼育された最高級の松阪牛を落ち着いた個室で食べさせてくれるスタイルになっている。
スキヤキ用のお肉は一人前二枚だけど、しっかりと霜降りのサシが入った130gなので満足できる。まさにお肉のお肉によるお肉のためのお店。

ちなみにこのすき焼きはちょっとしたお手伝いをしたことでごちそうしていただいたもの。ご縁を感じる味わいでもありますな。
(松阪では牛銀を加えて金銀と呼ばれているらしい)

三重県松阪市の「松阪肉元祖 和田金(わだきん)」にて。

追記:すき焼きに使われる牛脂もとても美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です