和田金の「すき焼き後の牛脂」


松阪にある和田金で、すき焼き後の牛脂をいただく。

この牛脂はすき焼きを作る時に使うものだけど、実はこれがとても美味しい。
ぷりぷりっとした食感と口融けの良さの両方を兼ね備えていて、しかも肉の風味が口の中に広がる。
脂そのものなのに脂っこさは一切なく、上品な松阪牛の美味しさがダイレクトに伝わってくる。

仲居さんによると、この牛脂はすき焼き肉と同じく和田金が自家牧場で育成した松阪牛の脂、その中でも特におっぱいの部分を使っているとのこと。
(松阪牛の脂は融点が低いのでおっぱいの部分で無いとすぐに溶けて無くなってしまうとのこと)

あくまでもすき焼きを焼く際に使う牛脂なので仲居さんにわざわざ言わないと食べられないものだけど、和田金ですき焼きをいただく時にはぜひ食べたい隠れた名品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「松阪肉元祖 和田金(わだきん)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です