外間守善 『沖縄の歴史と文化』 中央公論社 1986

渡邊義弘@八重山そばが好きです。

さて、外間守善 『沖縄の歴史と文化』 中央公論社 1986。

沖縄の歴史と文化を概観する一冊。

内容は、沖縄の歴史と文化を・・・

○陶芸、染織、漆芸、芸能、音楽等々、東アジア・東南アジア、そしてポリネシア系諸文化とのつながりを、
現代に確かに伝えている四百年の王朝文化を考えるためには、日本の一地方文化としてではなく、
太平洋文化圏の中で広くとらえなおすという、新たな視点が必要
<序章 太平洋文化圏の中の沖縄>

・・・として、位置づけている。
また、その特徴を・・・

○北から南から西からの伝播を示すさまざまな文化的要素を含みこんだ「複合的文化」
=一見矛盾のようにみえる個別的変差も無理なく生きてくるし、全体の見渡しが楽になってくる
<序章 太平洋文化圏の中の沖縄>

・・・としているのは、説得力があった。

この本をamazonで見ちゃう

2015 3/9
歴史、文化論、沖縄、八重山
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です