奥村倫弘 『ヤフー・トピックスの作り方』 光文社 2010

渡邊義弘@常滑市ソーシャルメディア利活用宣言と常滑市ソーシャルメディア・ガイドライン策定により、常滑市公式Facebookページ「ええね!常滑市」が開設されました☆
(2013年10月1日 『中日新聞』朝刊・第17面 「フェイスブック 常滑の魅力満載 市ページきょう開設 観光、政策、災害・・・情報幅広く 『いいね!』県内自治体最多目指す」)

さて、奥村倫弘 『ヤフー・トピックスの作り方』 光文社 2010。

ヤフー・ジャパン(Yahoo!JAPAN)のトップページにあるニュース・リンク集、ヤフー・トピックスの編集者が、仕事内容や気を付けているポイントなどを解説している。

著者は新聞記者出身なので、新聞とインターネット、新旧メディアのニュースの取り扱い方の違いについてかなりの分量を割いているのが特徴的。
中でも商業主義と社会的意義とのバランスを取る難しさについての記述が多く、最終章では杉玉の解説をしている酒店のホームページを事例にして・・・

企業が発信している情報が、単なる金儲けの「売らんかな」の宣伝ではなく、
「世の中を良くしたい、いい方向に変えていきたい」という情熱や信念に支えられている価値あるものではあれば、
その思いは報道機関の記者にも届くことでしょうし、トピックス編集部もご一緒したいと思っています。
<第5章 トピックスに載るニュース載らないニュース>

・・・と結んでいる。

著者は新聞記者としてのアイデンティティがあるようで、既存メディアの方に倫理上の軍配を上げているのはやや疑問ではあるけれど、
日本でもっとも影響力のあるニュース・サイトの裏側と担当者の苦労が伝わってくる一冊。

この本をamazonで見ちゃう

2013 10/25
情報・メディア
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です