ゆき家の「かずあげ」


松阪の愛宕町にある、ゆき家でかずあげをいただく。

かずあげとは、胸肉のかたまりを半生のタタキ状態で素揚げしたもの。
油で揚げているので鶏肉のタタキとはまた違った味わいになっていて、そのまま食べても、しょうが醤油をつけて食べても美味しい。

ちなみに、かずあげの名前の由来は、「かずさん」というお客さんが特注していたからとのこと。
お客さんの名前がメニューとして残ることに、情報や文化を遺伝子としてとらえるミーム論を思い出した一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市、愛宕町の「ゆき家 (雪家)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です