ひさまつの「船場汁」


大阪の淀屋橋にある、立ち飲み店のひさまつで船場汁をいただく。

立ち飲みのお店なのに船場汁を置いているところが大阪らしいところ。
船場汁とは、塩鯖と大根を昆布を入れた鍋で水煮にしたもので、その名の通り大阪の船場(現在の本町周辺)が問屋街として賑わった頃に生まれた汁物。

食べてみると、鯖から出たコクがお汁に広がって見た目よりもしっかりとした味になっている。
同じく鯖を使った大阪の郷土料理のバッテラと共に、保存食として鯖が流通されていた頃の名残を感じさせる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・淀屋橋の「立ち呑み処 ひさまつ」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です