すし常の「バッテラ」


すし常で、元祖のバッテラをいただく。

バッテラとは、大阪が発祥の鯖の押し寿司のこと。
このすし常は、明治4年(1891年)創業の老舗寿司店で、バッテラを最初に開発した元祖のお店として知られている。

そんな元祖のバッテラを食べてみると、薄造りの〆鯖と白板昆布との一体感があって美味しい。
味もサイズも食べやすくて、一般的に肉厚のある京都の鯖寿司(いづうなど)とはまた違った味わいになっている。

ちなみに、この押し寿司がバッテラと名づけられたのは、ポルトガル語で小舟を意味する”bateira”から拝借しているとのこと。
そんなところにも、大阪のハイカラ文化の名残が感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・野田、大阪市中央卸売市場・業務管理棟16階の「すし常」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です