北新地サンボアの「ハイボールとピーナッツ」


北新地サンボアで、ハイボールとピーナッツをいただく。

大正7年(1918年)に神戸で誕生したサンボアは日本を代表するオーセンティック・バーの一つ。
谷崎潤一郎が名づけた神戸の本店は残念ながらもう無いけれど、のれん分けされたお店が関西を中心に展開されている。

この北新地サンボアはそんなのれん分け店の一つ。
お初天神にある北サンボアよりも、広くて明るい照明の店内なのが北新地らしいところ。

サンボア名物のハイボールをいただいてみると、やはりこれが美味しい。
氷を入れないサンボア本来の作り方を守っているので飲みやすく、また、レンジピュールを加えていることもあって、すっきりとした飲み心地になっている。
お酒をほとんど飲まない僕だけど、このサンボアのハイボールは美味しいと思える。

職人肌なバーテンダーさんと共に関西一の夜の繁華街にある魅力的なバー。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・北新地(梅田、キタ)の「北新地サンボア」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です