labo ficelle(ラボ・フィセル)の「クランベリーショコラのパン」


labo ficelleのクランベリーショコラのパンをいただく。

クランベリーとほぼ同じ大きさにカットされたチョコレートが練り込まれたパンで、食べてみると酸味と甘さのバランスが絶妙。
パンの味、クランベリーの味、チョコレートの味をそれぞれ感じることができる上に、その三つの調和が取れた味になっている。
これまで食べたことのあるチョコレートを使ったパンの中では、一番美味しく思えた。

ちなみに、お好み焼きたこ焼きなどに代表されるように、大阪は粉もん文化と呼ばれて、小麦粉を多様する食文化がある。
そのために、大阪にはタケウチなどの全国的にも知られるパンの名店が多い。
このlabo ficelleも、そんなパン激戦区の名店一つ、Four de hで修業された池田美希さんが腕を振るうお店。
こちらのお店はリュスティックも名物だけど、このクランベリーショコラのパンが感動的に美味しかったので、今回はこちらをごはん日記で採用。

パン激戦区、大阪の街にキラリと光る名店の一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・阿波座の「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー・ラボ・フィセル)にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です