富士屋ホテルの「朝食」


三種類のジャムとバター→特にマーマレードのジャムに美味しさを感じた。

オレンジジュース→濃厚なのにクドさは無い味で、これまで飲んだことのあるオレンジジュースの中でも1,2を争う美味しさ。

フレンチトースト富士屋風→今回の主目的。油で揚げているのが独特なフレンチトースト。味の方はとても上品だけど、親しみやすい揚げパンの味。池波正太郎が愛したことでも知られている。パンケーキ富士屋などもあるプリフィクスの中から選んだ一品。

ソーセージ→これまた上品だけど、どこか親しみやすさを感じるオーソドックな味。付け合わせのトマトに火を通しているのも嬉しい。ハムやベーコンなどもあるプリフィクスの中から選んだ一品。

紅茶→最初に出てくるジャムを入れてロシアン・ティーにすると格別な一杯。

箱根にある富士屋ホテルで、朝食をいただく。
明治11年(1878年)創業の富士屋ホテルは、近代日本の観光史では欠かすことのできないホテル。
朝食をいただいたメインダイニングルームの「ザ・フジヤ」も、昭和5年(1930年)建築の歴史的建造物になっている。
日光東照宮本殿をモデルに造られたされる内装は独特で、日本のモダニズムの歴史が感じられる。

朝食はいくつかのコースがある中で、今回はフレンチトースト富士屋風を食べたかったのでケーキ・ブレックファーストを選択。
プリフィクスなので、選ぶこと自体も楽しい。
そして、この朝食は少し遅い誕生日プレゼントとしていただいたもの。
ごはん日記になる誕生日プレゼントに感謝☆
まろまろと今日ももぐもぐ。

箱根、宮ノ下の「富士屋ホテル」内、メインダイニング・ザ・フジヤにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です