福徳餅の「福徳餅」


福徳餅をいただく。

この福徳餅は、天保元年(1830年)創業の松阪のお餅屋さん。
縁起の良い名前と、旧伊勢街道沿いにお店があることから分かるように、もともとはお伊勢参りの参拝客にお餅を提供したことが発祥とのこと。
老伴で知られる柳屋奉善と並んぶ松阪を代表する老舗。

食べてみると、お餅がとても柔らかい。
単なるあんこ餅とは違った柔らかさが特徴的で、こしあんと合わさって口融けの良さを感じる。
それもそのはずで、添加物はもちろん保存料も一切使っていないので賞味期限は1日しか持たない。
基本的につぶあん派の僕だけど、これだけ柔らかいお餅だとこしあんの方が相性が良いことが分かる。

賞味期限の短さもあって、その場にいかないといただけない地域性のある一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「福徳餅」にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です