柳屋奉善の「老伴」


三重県松阪市にある柳屋奉善の老伴をいただく。

この柳屋奉善の創業は、戦国時代の真っただ中の天正3年(1574年)。
近江で創業したものの、松阪城を築城した蒲生氏郷と共に松阪に移転したという由来がある三重県でも1,2をあらそう老舗和菓子店。

老伴は、そんな柳屋奉善の代表的な銘菓。
最中に羊羹のような練り物を流しかためた独特のスタイルになっている。
食べてみると、独特の食感が他にはない味わい。
「氏郷も開けてニッコリおいのとも」というキャッチコピーも印象的な一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「柳屋奉善(やなぎやほうぜん)」にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です