中山かき養殖場直売店の「浦村かき」


伊勢志摩のパールロード沿いにある、中山かき養殖場直売店で浦村かきをいただく。

浦村かきとは、南鳥羽に当たる浦村湾で養殖された牡蛎のブランドのこと。
その年のうちに収穫する「1年牡蛎」と呼ばれる養殖方法を採用しているので、生産量も高いことで知られている。
特にリアス式海岸に沿って鳥羽から志摩を結ぶパールロード沿いには、毎年季節になると牡蛎の養殖場の直営店が並んで、牡蛎を求める人であふれる。
この中山かき養殖場直売店もその一つ。

食べてみると、大ぶりの牡蛎の身が食べ応えがある。
磯の香りもはっきりと感じられて、全体的に力強い味わいになっている。
同じ伊勢志摩のブランド牡蛎の中では的矢かきの方が好みだけど、浦村かきは海の力強さを感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県鳥羽市浦村町、パールロード沿いの「中山かき養殖場(中山牡蠣養殖場)直売店」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です