こがねパンの「アルプス」


今治にあるこがねパンで、アルプスをいただく。

アルプスとは、こしあんを食パンでサンドイッチにしたものを揚げパンにしたもの。
食べてみると、外はさくっとした天ぷらのような食感で、中はもっちりとした甘さのあるあんトーストの味で独特。
見た目は似ているシベリヤや、作り方は似ているあんドーナツとも違った味わいで気に入った。

ちなみに、このこがねパンは昭和28年(1948年)の創業から一貫して添加物や保存料は使わない方針を続けている。
飾り気のない店舗も職人肌な雰囲気を感じるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

愛媛県今治市の「こばねパン(黄金パン)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です