『2012』(映画)

インドの友人から連絡を受けた大統領科学顧問の地質学者エイドリアン・ヘルムズリーは、異常な内核の溶解を確認する。
詳細な調査の結果、古代マヤ文明が予言した2012年に文明が崩壊するほどの大地殻変動が発生することが判明する・・・

・・・『インディペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督による人類滅亡もの。
これまでの作品と同じく、あまり細かいところは突っ込まずにスペクタクル映像を素直に観るとけっこう楽しめる。
ラスト15分の人間劇はちょっとピコピコしかったけれど、破滅願望を地球規模で実現する作品。

ちなみに、主役であるジャクソン家の長男の名前がこの映画のテーマと連動しているので、聞き逃さないように観るのがオススメ。

このコンテンツをamazonで見ちゃう

2009 12/3
もろもろ鑑賞、映画
まろまろヒット率3

“『2012』(映画)” への1件の返信

  1. ピンバック: soramove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です