ピコピコしい

  とても小さいということを表現する形容詞。

  0.000000000001(1兆分の1)をあらわす単位”pico”(p)から来ている。

  物理的な小ささよりも痛いものコレクター的に目に付く矮小さやみみちさを表現する際に、

  「ピコピコしい」、「ピコってる」などという風に使用される機会が多い用語である。

  また、ピコるほどでもないが小さい様を表現する際には0.000000001(10億分の1)をあらわす単位”nano”(n)を使用した「ナノナノしい」が使われることもある。

  使用例:役人でもないのに小役人タイプな相手と喧嘩する時に「このピコピコ野郎め!」と罵倒するなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です