北サンボア洋酒店の「ハイボールとピーナッツ」


オーセンティック・バーの北サンボア洋酒店をおとずれる。

この北サンボアは、かつてあったバー・サンボアののれん分け店。
本店のサンボア自体はすでに閉店しているけれど、谷崎潤一郎が店名を付けたようにサンボア系列はオーセンティック・バーの中では欠かすことのできない系統。

そんな北サンボア洋酒店で名物のハイボールと付きだしのピーナッツをいただく。
氷を入れないハイボールと、薄皮の残るピーナッツはオーセンティック・バーの定番。
特命係長プレイで知り合ったフフレと、時間のゆっくり流れる店内をすごしたひと時。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・お初天神(梅田、曽根崎、キタ)の「北サンボア洋酒店」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です