Volo Cosi(ヴォーロ・コズィ)の「ディナー・コース」


つき出し二皿:前菜の前に出されるつき出し(ツツッツキーノ)三種盛りは、Volo Cosiの名物。手づかみでいただくのも魅力。


前菜一皿:ヴェネツィア風魚介の前菜の盛り合わせ→魚介の具材を一品、一品丁寧に調理しているこれぞVolo Cosiの真骨頂!


パスタ二皿:自家製スパゲッティ 魚介ラグーあえ→手打ちパスタらしい食感と魚介の風味を感じられる一皿。
グリーンアスパラガスとフォンティーナチーズの自家製ラザーニャ→パスタ2種のうち、ラザニアが出てきたのは初体験。フォンティーナチーズとホワイトソースとの相性の良さを感じた一皿。


メイン一皿:トスカーナ風 豚ロース肉のロースト→生食可能な豚肉を使った大迫力のメインディッシュ!ハーヴの風味が効いているので脂身も美味しくいただけた。


デザート一皿:ドルチェの盛り合わせ→すごい量のコースでおなかいっぱいになるけれど、やっぱりデザートは美味しくいただけます。


エスプレッソとお茶菓子→デザートをいただいた後に、エスプレッソと一緒にお茶菓子が出てくるのもVolo Cosiの特徴。飲むヨーグルト、チョコレート、赤葡萄のゼリーと盛り沢山。

文京区友の会新春ディナーオフ会としてVolo Cosiをおとずれる。
このVolo Cosiは、以前ランチでおとずれたことがあるけれど、ディナーとしては今回が初訪問。
何しろ、文京区で一番予約の取りにくいお店と言ってもよいほどの人気店なので、なかなかおじゃまする機会がなかった。

それが今回、新春オフ会の要望の声を受けてお店を選ぼうとしていたら、「Volo Cosiの予約が取れました!」との連絡を受ける。
予約が取れた日は告知から短い期間だったけれど、今回も多くの人が集まって楽しくお食事会。

素早く予約を取っていただいた幹事さん、参加していただいた文京区友の会のみなさん、どうもありがとうございました(^_-)
まろまろと今日ももぐもぐ。

千石と白山の間(東京都文京区白山4-37-22)の「Ristorante Italiano “Volo Cosi”(リストランテ イタリアーノ ヴォーロ・コズィ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です