箱根そばの「コロッケそば」

立ち食いそば(駅そば)の箱根そばで、コロッケそばをいただく。

コロッケ蕎麦は、関東の立ち食いそばではポピュラーなメニューだけど、関西では馴染みの無い食べ方。
(逆に関西ではポピュラーなにしんそばは関東では馴染みが薄い)
押井守監督作品でもよく出てきて、僕が大阪に住んでいた中学生の頃に『二課の一番長い日』を見た時に、そばにコロッケを入れるシーンを不思議に感じたのをよく覚えている。

そんなコロッケそばの発祥は諸説あるものの、コロッケそばが立ち食いそばのメニューとして関東に普及したのは、実はこの箱根そば(箱そば)がコロッケそばをメニューに置いたことがきっかけとされている。

食べてみると、いわゆる天ぷらそばと同じように油がお出汁に浮かんでコクがある味わい。ただし、天ぷらよりもはるかに崩れやすいのでタイミングよく食べないといけない一杯。
(中にはぐちゃぐちゃにして食べるのを好む人もいるとかw)
まろまろと今日ももぐもぐ。

新宿、「箱根そば 箱根本陣(はこそば)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です