かんだやぶそば(神田藪蕎麦)の「せいろそば」


東京の蕎麦の代表名刺といえば藪蕎麦。その藪蕎麦の中でも御三家と言われる神田のやぶ蕎麦におとずれる。注文したのは迷わずせいろそば(ざるそば)。独特の調子で注文を詠み上げられて出て来たおそばは、ほんのり蕎麦の実色がついている。
かなり濃いつゆにつけていただくと、食感、風味ともに本物のそばの味がした。特に添えられたおろしわさびをそばにつけていただくとより一層、そばの風味を感じることができて何枚でもいけそうな味わい。
とろりとしたそば湯も美味しく、江戸の味をいまに伝えるそば屋の名店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

淡路町(秋葉原、小川町ちからも近く)の「かんだ やぶそば(神田 藪蕎麦)」にて。

追記:御三家はこのかんだやぶそばに、並木藪蕎麦池之端藪蕎麦を加えたもの。

“かんだやぶそば(神田藪蕎麦)の「せいろそば」” への3件の返信

  1. ピンバック: Fat-Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です