ナマステの「ハイデラバーディ・ビリヤニ」と「チキン・ハイデラバーディ」

一枚目:「ハイデラバーディ・ビリヤニ」
南インドのハイデラバード地方の名物料理。ハイデラバーディ・カレーでインディアン・ライス(長粒米)を炊き込んだインド風炊き込みご飯。
食べてみるとインディアン・ライスがしっとりとカレーを吸い込んでいて、かみしめるほどに口の中に風味が広がる。
このビリヤニは日本ではまだ一般的ではないことと、注文してから30分はかかるということもあってメニューには載っていない。このお店のオーナーがハイデラバード出身と判明したときに同席した人が注文してくれた一品。カレーマスターとの同席の役得ですな(^_^)v
ちなみにこの日いただいた料理の半分くらいはメニューに載っていないものを同席した人が聞き出して注文してもらったもの。同席した人とオーナー店長とのやりとりを見る僕は、あたかもニュータイプ同士の高度な戦いをかいま見るアースノイド(重力に心奪われし者)の気分だった(w
この日注文した裏メニューの数々は同席した人の記事に詳しい。


二枚目:「チキン・ハイデラバーディ」
ハイデラバード風のチキンカレー。こちらはビリヤニと違ってメニューには載っているけれど、知名度が低いので注文されることは少ないらしい。
(メニューでの表記は「ハイデラバディ」)
真っ赤な色合いが特徴的で、食べてみると確かにスパイシー。ただし、すっきりしているので辛さは後に残らない。唐辛子の辛さでなく風味を感じさせてくれる一品として気に入った。

友人である「お気に入りのカレー屋さん500」のたあぼうさんが大阪出張で来阪したのでカレー開拓をご一緒する。奇しくも12月24日だったので聖夜のカレーになった。あえて名付けるなら「聖夜のイヴカレー」ですな(^_-)

いつもは人気店として知られているらしいけど、クリスマス・イヴの夜ということもあってお客さんはまばら。20時を過ぎた頃は貸し切り状態になった。人が少なくなると話題は自然とお互いの情報発信者としての話に。特にたあぼうさんはコンテンツ創造科学Webコンテンツ研究会で発表をしてくれたこともあるように、その発信者としての哲学性やポリシーは示唆に富む内容ものだった。

思えばこれまでツンドラーのリストまろじぇくとXなどをやってきたことはあるけれど、イヴの夜に男二人で食事をするのは生まれてはじめて。示し合わせたようにお互いプレゼントを持ってきたのでプレゼント交換にまで発展した(w
家族の関係で大阪に引きこもった今年のイヴにこんな機会があるとは思わなかった。
そんなMerry Chirstmasに感謝!

大阪・心斎橋(南船場)の「Indian Restaurant namaste(インド料理 ナマステ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です