釜竹の「かまあげうどん」

てくてく文京♯3の途中でおとずれた饂飩屋さん。
明治43年に建てられた茨城県職員東京宿泊所の石倉をリノベーションして店舗にしている。
本店は大阪府羽曳野市にあって、かまあげとざるの二種類だけのメニューしか置いていないのも本店と同じとか。
寒い日だったのでかまあげをいただいてみると、さすがうどん一本で勝負しているだけあって美味しい。お出汁が特に独特の風味で美味しく感じられた。
煉瓦造りの明治の石倉が、こういう風に再利用されることはとても素敵なことだなと感じた一品でもあった。

根津(東京都文京区根津2-14-18)の「釜揚げうどん専門店 根津 釜竹(かまちく)」にて。

“釜竹の「かまあげうどん」” への0件の返信

  1. ピンバック: 旦那@八丁堀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です