鈴村進 『上杉鷹山に学ぶ』 三笠書房 1992

上杉鷹山についてもっと知りたかったので購入した本。
去年の8月頃一度読み終えたはずだが、
記録がなかったしゼミで話題になったのでもう一度読書した。
『小説 上杉鷹山』よりも歴史的記述が多く、
正確なので深く鷹山について知れたのは良かったが
現代の企業経営に無理矢理ねじりあわせたような解釈が
かなり主観的で鼻についた本。

この本をamazonで見ちゃう

1997 6/22
経営学、歴史
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です