グローバルシュミレーションに参加

国関・政策の合同企画である国際政治をシュミレートする
グローバルシュミレーションに参加した。
シンガポールを担当し、僕:首相、高野:外相、平岩:通産相、
段田:国連大使、島田:外交官のメンバーで前日から衣セミで合宿、
作戦会議をおこなった。
概略は・・・
シンガポールは再び監禁されたアウンサンスーチー女史の
生命を守るためにヴェトナムの特殊部隊に情報、資金を提供して
ミャンマーに侵入し、救出作戦をけっこう!
しかし膠着状態にいたるりメディアから「軍事侵攻」と報道され
ASEAN諸国の反感を買うも、巧みな外交交渉によって
ASEAN諸国の承認を得て、
さらにタイ、インドネシア、アメリカを加えた派遣軍からなる
「スーチー女史解放軍」を設立、アメリカ第七艦隊による
ミャンマー軍事政権への空爆と空挺部隊投入を決定しました。
(そこでシュミレーションは終わったの(^^;)
実はこの背景には事前にアウンサンスーチー女史から
政権獲得後には「1:シンガポールの最恵国待遇」
「2:ミャンマーにおける情報インフラ整備の完全独占」
「3:ミャンマー鉄道(略ミャン鉄)の株価1/3の取得」
という裏取引があった。
また、経済面ではドリアン会議なる企業、海外資本にたいした
説明会をおこない、ポスト香港をめざすため大々的に資本を誘致。
・・・という感じ。
反省点としてはいくらスーチー女史がいきなり監禁状態にされたとはいえ、
もう少しミャンマー軍事政権と対話を持っても良かったかな?とも思う。
ただ、極秘裏に作戦を決行し成功すれば内政干渉という批判を
無意味なモノにできたのでこれでも良かったのかな?
とも思う(どっちやねん!)
僕自身はかなり楽しめたし、今後リーダーシップの勉強材料に
使えるので有益だった(^^)

1997 6/21
出来事メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です