片山善博・糸賀雅児 『地方自治と図書館: 「知の地域づくり」を地方再生の切り札に』 勁草書房 2017

渡邊義弘@協力させていただいた利用者アンケートの集計結果を基に「石垣市立図書館に行こう」という歌ができました※1。

さて、片山善博・糸賀雅児 『地方自治と図書館: 「知の地域づくり」を地方再生の切り札に』 勁草書房 2017。

「図書館は地方自治体の重要な拠点となることができる」と主張する地方自治論と図書館政策論の専門家による共著。
特に、図書館の使命を・・・

○図書館のミッション=「自立支援」
→国民・住民が自立するための「知的インフラ」
<第二章 図書館のミッションを考える>

・・・と位置づけて・・・

○図書館は、自己責任型社会において、自立する個人を情報提供という側面から支援できることに自治体関係者はもっと目を向けるべき
<第八章 「地域の情報拠点」としての課題解決型図書館>

・・・と提言しているのは印象に残った。

この本をamazonで見ちゃう

2017 5/5
地方自治論、図書館情報学
まろまろヒット率3

※1:2017年5月7日 『八重山毎日新聞』・第9面 「行こう 行こう 石垣市立図書館 来館呼び掛け歌が完成」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です