加藤諦三 『心の休ませ方』 PHP研究所 2006

渡邊義弘@石垣島での週末は自転車で夕日を見ることが増えました。

さて、加藤諦三 『心の休ませ方』 PHP研究所 2006。

「心の休ませ方」というタイトルだけど、どちらかというと「なぜ疲れたのか」という原因についての記述が多い。
特に「第二章 愛情飢餓感がマイナス発想の原点」の中にある・・・

○人がマイナスの発想をするのは、認めてもらいたから
<第二章 愛情飢餓感がマイナス発想の原点>

○不幸は偽装された憎しみ→不幸にしがみついている人は、不幸になるより他に憎しみの感情を表現する方法が分からない
<第二章 愛情飢餓感がマイナス発想の原点>

・・・などは印象に残った。
では、どうすれば良いのかについての記述は少ないけれど、最後の・・・

○傷つく必要のない言葉で傷つくな
<エピローグ>

・・・は、ちょっと納得した。

この本をamazonで見ちゃう

2017 3/27
エッセイ、メンタル
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です