大石直樹 『なぜなぜ八重山の民話 (空・動物・草木・海の物語)』 沖縄自分史センター 2012

渡邊義弘@石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」で講師をさせていただきました。

さて、大石直樹 『なぜなぜ八重山の民話』 沖縄自分史センター 2012。

八重山諸島の民話を集めた一冊。
大型本で挿絵もあるので読みやすい。

中でも、北斗七星の2番目の星は、人間の妻になった天女が帰って行ったものだとする天女伝説は印象に残った。
(「北斗七星は八つ星」)
巻末の解説によれば、星が人間の妻に話は中国南部や南米にも伝承があるとのこと。
キレイに北斗七星が見える南の島ならではの伝説だと感じた。

この本をamazonで見ちゃう

2016 10/29
民話、寓話、八重山諸島、石垣島
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です